キーボード専用ドット絵ツールの開発02


11

ちょこちょこ機能追加と修正を続けているドット絵キーボー道(仮)です。
こういうちょっとしたアイコン絵って、マウスやペンタブでは敬遠していたものですが、やっぱりキーボードだと楽です~。
なんていうか他の作業をしながら、ちょこちょこ描いていける感じです。この辺は感覚の問題なんでしょうけど。

10

点だけ打てればいいやと思ってましたが、やっぱり使ってると色々機能が欲しくなってきました。一番欲しいのはUndo/redoですが、ちょっと私には敷居がまだ高いかな。というわけで、とりあえず編集関連で[CTRL]キーを押しながら移動キーを押すと、全体(32×32マス内)移動が出来るようにしました。

剣を描いたときに「もう1ドット右だったなぁ」というのに対応です。

あとわたくしド素人ですが、vi使いなので、その辺の風味も取り入れています。
[v]を押すと、vi風味モードと通常モードが切り替わります。vi風味モードではカーソル移動がvi風味になります。
具体的には[H]が左、[J]が下、[K]が上ってなるだけ、通常モードと同じです。

あと[:]でコマンドモードに入ります。コマンドモードで続けてキーを押すと下記のような機能が実行されます。
[W]  ファイルを保存
[E]  ファイルを開く
[Q]  ツールの速攻終了(保存確認しません)
[M]  移動(この後、移動キーを押すと[CTRL + 移動]と同じく全体移動になります)

通常モード&viモード共通の変更は下記の通りです。

テンキーじゃない方の数字キーを押すと移動量が設定できます。
2を押すと、カーソルが2マスずつ動く感じです。

[C]でカラーピッカーが起動。色の選択にカーソルキーが必須なので、独自のカラー選択機能が欲しいところ。
まぁカーソル移動に矢印キーを使う場合は問題ありません。

ダウンロード

☆まとめ☆
[ 現状機能 ]
・テンキーかUIOJKLM.か矢印キーでカーソル移動
・Fでドット打ち、Gで塗りのON/OFF
・スペースで消しゴム(透明)ON/OFF
・[C]カラー選択
・TABキーで編集位置変更(SHIFT+TABで逆方向)
・デフォルト編集サイズは384×256 (RPGツクールのキャラチップ想定)
・画像を読み込んで編集も可能
・PNG保存
・(ここはマウスだけど)画像ビューの拡大・縮小表示
・[CTRL + 移動キー](Mコマンド+移動キー)で、編集枠内のスクロール
・[V]で、通常モードとvi風味モードの切り替え
・vi風味モードで[:]を押すとコマンドモード
[W]  ファイルを保存
[E]  ファイルを開く
[Q]  ツールの速攻終了(保存確認しません)
[M]  移動(この後、移動キーを押すと[CTRL + 移動]と同じく全体移動になります)

[当面の課題]
・デフォルト編集サイズを色々選べるようにしたい。
(各種ゲームツールの素材の規格に合わせる。基本サイズの画像を保存しておいて呼び出すようにする?)
・ドット編集画面が32×32に固定になっているのも、変更できるようにしたい。
・UNDO,REDO機能の組み込み
・キーボードコンフィグ機能の組み込み
・全体編集画面内でのコピー&ペースト
・独自カラーピッカー追加(現在のWindowsデフォルトだと、手がホームポジションから離れてしまう)
・コード整理(今は思いつくままに、フォーム内にコードを書き込んでますw)

[ちょっと先の課題]
・レイヤー機能
・Gitでソースコード管理(とりあえずVS内でGIT管理しているけれど、なんか凄い人達のように()オープンソースにして管理したい。けど…ソース公開するのは恥ずかしいw)
・インストーラー作成(WPF?よくわからないけどUPDATEが簡単にできるようにしたい)

[かなり先の課題]
・マクロ機能(なんかカッコよさげ)
・プラグイン追加機能(なんか本格的なツールっぽい)
・ツールで作成したドット絵を、簡単に公開できる機能とサイトを作る。