キーボード専用ドット絵ツールの開発03

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
LINEで送る


image

ツールのコンセプトが決まりました。

[コンセプト]
ホームポジションで一通りできるドットエディタ

”一通り”がポイントです。画面右のプレビュー画面の拡大・縮小は未だマウスですが、プレビューで画像の見たい場所を動かすのってマウスの方がやり易い感じがするので、このままでもいいかなとか、そんな適当な感じです。

今回は、標準のカラーピッカーがあまりにも使い辛かったので、簡易カラーパレットを追加しました。左手の[A]-[D]で色を選択して[W]で決定。[E]で現在の色をパレットに設定し、[SHIFT+X]でカラーパレットを保存できます。

これで一応、ホームポジションに手を置いた状態で一通りのことができるようになりました。

あとローテンションと左右反転機能。キャラチップを作る際には必須でした。

あとUNDO機能を追加。REDOはまた今度。

[CTRL+C],[CTRL+V]で、右のプレビュー画面内のブロック単位でコピペができるようになりました。

vi的なところでは [H]や[G],[^],[$]をまねたカーソル移動を追加。

☆まとめ☆

[ 現状機能 ] ・テンキーかUIOJKLM.か矢印キーでカーソル移動
・Fでドット打ち、Gで塗りのON/OFF
・スペースで消しゴム(透明)ON/OFF
・[C]カラーピッカー起動 [+SHIFT]でカラーセット読み込み
・[A-D]でカラーパレットの色変更、[W]で取得 [E]で現在の色をパレットにセット
・[SHIFT + X]でカラーパレットを保存
・TABキーで編集位置変更(SHIFT+TABで逆方向)
・[R]で回転 [+SHIFT]で左右反転
・[CTRL+C],[CTRL+V]でプレビュー画面内をブロック単位でコピペ

・デフォルト編集サイズは384×256 (RPGツクールのキャラチップ想定)
・画像を読み込んで編集も可能
・PNG保存
・(ここはマウスだけど)画像ビューの拡大・縮小表示
・[CTRL + 移動キー](Mコマンド+移動キー)で、編集枠内のスクロール
・[V]で、通常モードとvi風味モードの切り替え
・vi風味モードで[:]を押すとコマンドモード
[W]  ファイルを保存
[E]  ファイルを開く
[Q]  ツールの速攻終了(保存確認しません)
[M]  移動(この後、移動キーを押すと[CTRL + 移動]と同じく全体移動
になります)
[H]  カーソルをTOPへ
[G] カーソルをBOTTOMへ
[^] カーソルを先頭へ
[$] カーソルを左端へ

[当面の課題] ・デフォルト編集サイズを色々選べるようにしたい。
(各種ゲームツールの素材の規格に合わせる。基本サイズの画像を保存しておいて呼び出すようにする?)
・ドット編集画面が32×32に固定になっているのも、変更できるようにしたい。
・UNDO,REDO機能の組み込み
・キーボードコンフィグ機能の組み込み
・全体編集画面内でのコピー&ペースト
・独自カラーピッカー追加(現在のWindowsデフォルトだと、手がホームポジションから離れてしまう)
・コード整理(今は思いつくままに、フォーム内にコードを書き込んでますw)

[ちょっと先の課題] ・レイヤー機能
・Gitでソースコード管理(とりあえずVS内でGIT管理しているけれど、なんか凄い人達のように()オープンソースにして管理したい。けど…ソース公開するのは恥ずかしいw)
・インストーラー作成(WPF?よくわからないけどUPDATEが簡単にできるようにしたい)

[かなり先の課題] ・マクロ機能(なんかカッコよさげ)
・プラグイン追加機能(なんか本格的なツールっぽい)
・ツールで作成したドット絵を、簡単に公開できる機能とサイトを作る。