キーボード専用ドット絵ツールの開発04

ダウンロード
※.NetFramework3.5以上が必要になります。
※お決まり文句ですが、動作保証や使用によって発生した問題については作者は責任負いません。自己責任でのご利用をお願いします。

ダイブ機能が揃ってきました。まだ欲しい機能は山盛りなのですが、取り敢えずツールチップの作成には十分な機能が用意できたので、ドット絵を描いていきながら、ちょこちょこツールの修正・追加をしていきたいと思います。

☆まとめ☆(☆が新機能です)
[ 現状機能 ]
■移動系
・テンキーかUIOJKLM.か矢印キーでカーソル移動
・[V]で、通常モードとvi風味モードの切り替え
・[SHIFT+H] TOP
・[SHIFT+G] BOTTOM
・[$] 左端
・[^] 右端

■描画・編集系
・[F] ドット打ち
・[スペース] 塗りのON/OFF
・[T] スペースで消しゴム(透明)ON/OFF
・[CTRL+Z] アンドゥ
・[CTRL+Y] リドゥ
・[CTRL+移動] 編集エリアのスクロール
・[Y] (編集エリア)矩形コピー (ブロックエリア)ブロックのコピー
・[P] (編集エリア) カーソル位置にペースト (ブロックエリア)選択ブロックへペースト
・[CTRL+C] 選択ブロックのコピー([Y]と同じ)
・[CTRL+V] 選択ブロックのペースト([P]と同じ)
・[Z] クリップボードへ選択ブロックコピー

■色選択
・[C]カラーダイアログ起動選択
・[S] スポイト
・[A][D] カラーパレットから色選択
・[W] 現在の色をカラーパレットに登録
・[SHIFT+C] カラーパレットの読み込み
・[SHIFT+X] カラーパレットの保存

■コマンド系
・[TAB] 編集エリア/ブロックエリアの切り替え
・[SHIFT+TAB] ブロックエリアのカーソルを右へ
・[F1] 1ブロックサイズの変更(32×32,64×64,96×96,128×128)

・デフォルト編集サイズは384×256 (RPGツクールのキャラチップ想定)
・画像を読み込んで編集も可能
・PNG保存
・(ここはマウスだけど)画像ビューの拡大・縮小表示
・[CTRL + 移動キー](Mコマンド+移動キー)で、編集枠内のスクロール
・vi風味モードで[:]を押すとコマンドモード
[W]  ファイルを保存
[E]  ファイルを開く
[Q]  ツールの速攻終了(保存確認しません)
[M]  移動(この後、移動キーを押すと[CTRL + 移動]と同じく全体移動になります)

[当面の課題]
・デフォルト編集サイズを色々選べるようにしたい。(各種ゲームツールの素材の規格に合わせる。基本サイズの画像を保存しておいて呼び出すようにする?)
・キーボードコンフィグ機能の組み込み
・コード整理
・バケツ塗潰し機能

[ちょっと先の課題]
・レイヤー機能
・Gitでソースコード管理(とりあえずVS内でGIT管理しているけれど、なんか凄い人達のように()オープンソースにして管理したい。けど…ソース公開するのは恥ずかしいw)
・インストーラー作成(WPF?よくわからないけどUPDATEが簡単にできるようにしたい)

[かなり先の課題]
・マクロ機能(なんかカッコよさげ)
・プラグイン追加機能(なんか本格的なツールっぽい)
・ツールで作成したドット絵を、簡単に公開できる機能とサイトを作る。

[☆クリア済み]
☆全体編集画面内でのコピー&ペースト
☆独自カラーピッカー追加(現在のWindowsデフォルトだと、手がホームポジションから離れてしまう)
☆UNDO,REDO機能の組み込み
☆ドット編集画面が32×32に固定になっているのも、変更できるようにしたい。

キャラチップ01 (32×32)

knife

 

32×32ピクセルのツールチップです。

RPGツクールの場合、Graphics/Charactersフォルダに入れれば、
イベント画像で使えます。

現在制作中のドット絵エディタで作成。
絵自体は単純なものですが、マウスやペンタブだったら絶対面倒になって描かなかったものが、ちょこちょこと描けるようになりました。

やっぱり素人のドット絵は、キーボードで描くに限るw

キーボード専用ドット絵ツールの開発03


image

ツールのコンセプトが決まりました。

[コンセプト]
ホームポジションで一通りできるドットエディタ

”一通り”がポイントです。画面右のプレビュー画面の拡大・縮小は未だマウスですが、プレビューで画像の見たい場所を動かすのってマウスの方がやり易い感じがするので、このままでもいいかなとか、そんな適当な感じです。

今回は、標準のカラーピッカーがあまりにも使い辛かったので、簡易カラーパレットを追加しました。左手の[A]-[D]で色を選択して[W]で決定。[E]で現在の色をパレットに設定し、[SHIFT+X]でカラーパレットを保存できます。

これで一応、ホームポジションに手を置いた状態で一通りのことができるようになりました。

あとローテンションと左右反転機能。キャラチップを作る際には必須でした。

あとUNDO機能を追加。REDOはまた今度。

[CTRL+C],[CTRL+V]で、右のプレビュー画面内のブロック単位でコピペができるようになりました。

vi的なところでは [H]や[G],[^],[$]をまねたカーソル移動を追加。

☆まとめ☆

[ 現状機能 ] ・テンキーかUIOJKLM.か矢印キーでカーソル移動
・Fでドット打ち、Gで塗りのON/OFF
・スペースで消しゴム(透明)ON/OFF
・[C]カラーピッカー起動 [+SHIFT]でカラーセット読み込み
・[A-D]でカラーパレットの色変更、[W]で取得 [E]で現在の色をパレットにセット
・[SHIFT + X]でカラーパレットを保存
・TABキーで編集位置変更(SHIFT+TABで逆方向)
・[R]で回転 [+SHIFT]で左右反転
・[CTRL+C],[CTRL+V]でプレビュー画面内をブロック単位でコピペ

・デフォルト編集サイズは384×256 (RPGツクールのキャラチップ想定)
・画像を読み込んで編集も可能
・PNG保存
・(ここはマウスだけど)画像ビューの拡大・縮小表示
・[CTRL + 移動キー](Mコマンド+移動キー)で、編集枠内のスクロール
・[V]で、通常モードとvi風味モードの切り替え
・vi風味モードで[:]を押すとコマンドモード
[W]  ファイルを保存
[E]  ファイルを開く
[Q]  ツールの速攻終了(保存確認しません)
[M]  移動(この後、移動キーを押すと[CTRL + 移動]と同じく全体移動
になります)
[H]  カーソルをTOPへ
[G] カーソルをBOTTOMへ
[^] カーソルを先頭へ
[$] カーソルを左端へ

[当面の課題] ・デフォルト編集サイズを色々選べるようにしたい。
(各種ゲームツールの素材の規格に合わせる。基本サイズの画像を保存しておいて呼び出すようにする?)
・ドット編集画面が32×32に固定になっているのも、変更できるようにしたい。
・UNDO,REDO機能の組み込み
・キーボードコンフィグ機能の組み込み
・全体編集画面内でのコピー&ペースト
・独自カラーピッカー追加(現在のWindowsデフォルトだと、手がホームポジションから離れてしまう)
・コード整理(今は思いつくままに、フォーム内にコードを書き込んでますw)

[ちょっと先の課題] ・レイヤー機能
・Gitでソースコード管理(とりあえずVS内でGIT管理しているけれど、なんか凄い人達のように()オープンソースにして管理したい。けど…ソース公開するのは恥ずかしいw)
・インストーラー作成(WPF?よくわからないけどUPDATEが簡単にできるようにしたい)

[かなり先の課題] ・マクロ機能(なんかカッコよさげ)
・プラグイン追加機能(なんか本格的なツールっぽい)
・ツールで作成したドット絵を、簡単に公開できる機能とサイトを作る。

キーボード専用ドット絵ツールの開発01

scs
ダウンロード

ドット絵に興味を持つことは何度もありましたが、どうにもなじめなくて何度も挫折してきました。その原因は、マウスで描くのがどうにもなじめないからです。ペンタブも使ってみましたが、いまひとつな感じ。

なんでだろうかと考えてみると、マス目を選択するという動きをするときに、マウスやペンタブのカーソルは自由度が高いというか、範囲が広いと言いますか、なんかやり辛いのです。目的の1ドットを狙い撃つために、カーソルを合わせるのがストレスですw

キー操作だと、目的のドットに移動するまで必要な回数キーを叩けばいいだけなのでストレス0ですw

マウスやペンタブはドット絵に必要なのか? 「否」という結論に至り、キーボードで描けるドット絵ツールを探して見ましたがありませんでした。キーボード操作可能とあっても、それはショートカットキーのことだったりします。ひとつだけ、私の希望に近いものがあったのですが、それはペイントツールに独自のプラグインを入れなければならないもので、しかもWindows8.1の環境では動きませんでした・・・。

別に大した機能が欲しいわけじゃない、キーボードでドットが打てればそれでいいのに・・・。

まぁ、それくらいなら作れるか?

ということで、

作ってみましたw

と言っても、現時点では機能は最小限のプロトタイプです。ここから、このツールを少しずつ育てていこうかと思います。といっても、このままだと挫折して、またドット絵から遠ざかってしまいそうなので、ツール開発過程をブログとしてアップしていこうかと思います。

ツール名称(仮) 「ドット絵エディタ キーボー道」
機能: ホームポジションからほとんど離れることなく、キーボードだけでカチャカチャとドット絵が打てるツール

[ 現状機能 ]
・テンキー及びUIOJKLM.でカーソル移動
・Fでドット、Gでペイント?切り替え
・Eで消しゴム
・スペースでカラー選択
・TABキーで編集位置変更
・デフォルト編集サイズは384×256 (RPGツクールのキャラチップ想定)
・画像を読み込んで編集も可能
・PNG保存
・(ここはマウスだけど)画像ビューの拡大・縮小表示

[当面の課題]
・デフォルト編集サイズを色々選べるようにしたい。(各種ゲームツールの素材の規格に合わせる)
・ドット編集画面が32×32に固定になっているのも、変更できるようにしたい。
・UNDO,REDO機能の組み込み
・キーボードコンフィグ機能の組み込み
・全体編集画面内でのコピー&ペースト
・独自カラーピッカー追加(現在のWindowsデフォルトだと、手がホームポジションから離れてしまう)

[ちょっと先の課題]
・レイヤー機能
・Gitでソースコード管理
・インストーラー作成(WPF?よくわからないけどUPDATEが簡単にできるようにしたい)

[かなり先の課題]
・マクロ機能(なんかカッコよさげ)
・プラグイン追加機能(なんか本格的なツールっぽい)
・ツールで作成したドット絵を、簡単に公開できる機能とサイトを作る。

あぁ、風呂敷広げすぎて挫折臭がプンプンとw

まぁ、ぽちぽちやってきたいと思います。